×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


大きな城の前で、ザッと大げさな音を立てて仁王立ちする人物が一人。

その姿を呆れたような表情で見守る人物も また一人。



「やっと着いたわね…長き道のりを乗り越えたわッ!」

「・・・(姫って言うか女王ぽいなこの人…)」



場所はフィーリアよりはるか南にある国、グルーヴ。
噂に聞くとおり治安が悪く、町には孤児や職を失った老人、無造作に転がる酒瓶などが溢れていた。
しかし、目の前にたたずむ城だけは嫌味なほど堂々としている。

「うーん…王子様…もしかしたらすんごいわがまま坊ちゃんになってたりして。
 んまっ、それでもあたしの愛は変わらないけどねッ」

「・・・」

「行くわよノイズっ早く来なさいっ」

「はいはい…」



ずんずんと進んでいくシア。しかしこれはあくまでも強がり。
実際頭の中は…

(どうしよう…すっごく…すっごくすっごく緊張してきたっ!!!)

後ろをついて歩くノイズからその表情は伺えないが、その顔は真っ赤だった。

(プロポーズなんかされちゃったらどーしよー!!それどころかそれどころか
王子様ってばかぁなり男前になってて「お前の子供がほしい」なんて言われちゃったりしてどふー(鼻血))

えへ、えへ、えへ、とハートマークを頭の上に飛ばしながら無気味に笑う妄想少女、シアのただならぬ様子に、
ノイズはまた呆れるばかりだった。







Dear, My Prince U












「・・・え?王子様がいらっしゃらない?」

「はい。もうずいぶん長いこと…お帰りになっておられませんが…」

ショックを隠し切れないという表情をしているシア。
迎えてくれた従業員によると、王子は確かにシアの誕生日会の招待客の一人としてフィーリアに来ていたそうだ。
しかしそのすぐ後、新しい国王と口論になったのをきっかけに、ぱったりと姿を消してしまったらしい。

「あのっ…」

どーーんと音が聞こえてきそうなくらい落ち込んでいるシアに、その従業員の遠慮がちな声が届くことはなかった。
何か言いたげではあったがその先の言葉が紡がれることはなく、ただノイズが一度、深く頷いた。













その後グルーヴの新しい国王とやらに歓迎されることもなく、シアたちは城下町にある宿の一番良い部屋を取っていた。

(…眠れない…)

暗闇の中起き上がったのはシアである。
隣を見れば、ノイズは壁のほうを向いて眠っていた。
そっと布団を抜け出すと、ベッド脇に置いたブーツを履き、護身用の剣だけを持って静かに部屋を出た。



夜空を見上げると、満天の星空だった。
シアははぁ、とため息をつき、上を見上げたままゆっくりと散歩をする。

「どこ行っちゃったの?王子様・・・」

ぽつりと呟いた言葉は静寂の中に消えた…様に思われたが、
それに答えたのはまた別の声だった。

「へーえ。珍しく上玉じゃねぇか」
「!!」

突然、目の前に数人の男たちが現れた。
はっと危機感を感じ腰の剣に手を伸ばしかけたときには、もう遅かった。

しまった、と思ったときには既に後ろから手がまわり、口を押さえられていた。

「こりゃあ、高くつくな。身体だけじゃあく、よく見りゃあいいもん着てやがる」
「やっ・・・」

数メートル足元を引きずられ、男が腰に手を回してきた。
今まで味わったことのない恐怖感で、どうすることもできない。



―――嫌だ。助けて、助けて

「ノイズ…っっ!!!」



「無礼者!!」




そのとき、おおきな風が吹いた。














「すみませんでした。こんな危険な土地でシア様を一人に…」

「ううん、あたしが何も考えずに勝手に外に出たんだし。…それよりごめんね、ノイズ」



場所は二人が泊まっている宿へと戻る。
先ほどの輩はノイズが一瞬のうちに片付けた。
シアはベッドサイドに座り、ノイズはドアを閉めたばかりの体制で止まった。

彼女がこんなに素直に謝罪をするのは珍しい。



「結局王子様、いなかったし。…無駄足に、付き合わせてゴメンね、って」

「あぁ、いえ…別に」



「…でもね!諦めるつもりはないの!お互い生きてたらきっと、いつか会えるよね!」

「・・・」



そこで、沈黙が訪れた。

やはりノイズは怒っているのでは、と思ったシアは、おとなしくもう一度眠りにつこうと身体を倒した。



「…国を捨てて逃げた王子なんて…きっと大した事ありませんよ。」



吐き捨てるように、ノイズが口を開いた。
その声色の冷たさにシアの思考回路が一瞬、止まる。



「お2人が出会ってから10年経ちました。人は変わります。姫様が思っているような優しい人のままだという保証も…ありません。」

「なんで…」



なんで、ノイズにそんなこと言われなきゃいけないの?



「本当に、そこまで思い続ける価値のある男なんでしょうか?」

「…やめてよ!!!」



あまりにも淡々と話すノイズの冷たい言葉に、シアはベッドから飛び起きた。
叫んだつもりだった自らの声はずいぶんと弱々しく、うまく言葉を発することができない。



「じゃあ、じゃあどうしろって言うの?忘れろって言うの!?」



いつも近くにいたはずなのに、初めて見る彼女の激しい部分に触れて、ノイズは驚きを隠せなかった。



「そんなの…無理だよ…」



暗闇でもわかる。彼女は泣いていた。



「10年間ずっと…こんなに想い続けてるのに…」



まるでその年月分の想いが、溢れ出したようだった。









to be continued...





←BACK    NEXT→

文責 詞音 (2006.12.27)






HOME